レポート

「アマビエ」について

アマビエ

「アマビエ」について

江戸時代、下記のような記事が書かれた、瓦版が出回った。

 

弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)のこと、

肥後国に毎夜、海中に光る物体が出没していたため、役人が赴いたところ、それが姿を現した。

姿形について言葉では書き留められていないが、挿図が添えられている。

その者は、役人に対して

「私は海中に住むアマビエと申す者なり」と名乗り、

「当年より6ヶ年の間は、諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ。」

と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。

[原文]

肥後国海中え毎夜光物出る。所の役人行見るに、づの如く者現す。私は海中に住、アマビヱと申す者也。當年より六ヶ 年の間諸国豊作也。併し、病流行、早々私写し人々に見せくれと申て、海中へ入けり。右写し役人より江戸え申来る写也。     弘化三年四月中旬

この木版の瓦版は、京都大学付属図書館に保管されている。アマビエは、熊本のほか、宮崎、新潟(新潟では、アマビコと呼ばれている)でも出現したとされる史料が残っている。

イベント名アマビエ
  • 「「アマビエ」について」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kumamoto.uminohi.jp/widget/article/?p=1541" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kumamoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 熊本</a></iframe><script src="https://kumamoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 螳ョ驥後↑縺、縺阪&繧・IMG_0502
  2. image1
  3. 1330
  4. 2021_海と日本PROJECT熊本エリア賞30
  5. さばける塾2021
  6. umigomi

Pickup

  1. amakusaebi
    7/5(火)21:51~ 天草の海のごちそう 車海老の…

    天草の女性が開発した車海老のパテを紹介する。5人の子どもを育てながら水産加工会社を起こした深川沙央里…

  2. minamatah
    6/28(火)21:51~ヒメタツを守れ!海中ライブ~K…

    6月5日、水俣市の湯の児海水浴場一帯で海に親しむための体験イベントが開かれた。海中からヒメタツの…

  3. 0614_001
    6/14(火)園児たちのごみ拾い KABでOA

    子ども達に海洋ごみに関心を持ってもらうための取り組みを紹介する。熊本市の恵水幼稚園では、海のことを学…

  4. ●P1290194_Moment
    「シービン」日本海へ 高校で実証実験はじまる

    オーストラリアで開発された水面のごみを回収する「シービン」がさらに活躍の場を広げています。5月26日…

  5. SUP写真
    6/7(火)SUPでごみ拾い KABでOA

    江津湖や御船町の川でSUPやカヌーの体験会を開くファンアースの廣瀬哲也さんは定期的にSUP参加者と一…

イベント

  1. gomip
  2. 水
海と日本PROJECT in 熊本
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kumamoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kumamoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 熊本</a></iframe><script src="https://kumamoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP