レポート

「アマビエ」について

アマビエ

「アマビエ」について

江戸時代、下記のような記事が書かれた、瓦版が出回った。

 

弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)のこと、

肥後国に毎夜、海中に光る物体が出没していたため、役人が赴いたところ、それが姿を現した。

姿形について言葉では書き留められていないが、挿図が添えられている。

その者は、役人に対して

「私は海中に住むアマビエと申す者なり」と名乗り、

「当年より6ヶ年の間は、諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ。」

と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。

[原文]

肥後国海中え毎夜光物出る。所の役人行見るに、づの如く者現す。私は海中に住、アマビヱと申す者也。當年より六ヶ 年の間諸国豊作也。併し、病流行、早々私写し人々に見せくれと申て、海中へ入けり。右写し役人より江戸え申来る写也。     弘化三年四月中旬

この木版の瓦版は、京都大学付属図書館に保管されている。アマビエは、熊本のほか、宮崎、新潟(新潟では、アマビコと呼ばれている)でも出現したとされる史料が残っている。

イベント名アマビエ
  • 「「アマビエ」について」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kumamoto.uminohi.jp/widget/article/?p=1541" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kumamoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 熊本</a></iframe><script src="https://kumamoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. IMG_3636
  2. DSC_0174
  3. なぎさ応募
  4. IMG_6775集合-1
  5. 3
  6. 0525_3 (1)-50

Pickup

  1. うたせ船3
    「うたせ船による海底清掃」KAB11/3(火)21:51…

    うたせ船漁は、大小9枚の帆を張り、潮流に任せて網を引く明治から続く伝統漁法。打瀬船とは、その漁を行う…

  2. ウミノマスク完成
    ウミノマスク完成!

    海と日本プロジェクトinくまもと マスク完成!海と日本プロジェクトが全国展開するstay home企…

  3. main
    『水族館オンライン』で海に行けない子どもたちの「好奇心」…

    海と日本プロジェクトでは、自宅にいながら全国8カ所の水族館がのぞけちゃう「水族館オンライン」を配信中…

  4. minnano
    「泳げ!みんなのお魚プロジェクト」イラスト大募集中!

    新型コロナウイルスの影響でなかなか外出できないけど・・・海に遊びに行きたい!!海と日本プロジェクトi…

  5. アマビエ
    「アマビエ」について

    「アマビエ」について江戸時代、下記のような記事が書かれた、瓦版が出回った。弘化3年4月中…

海と日本PROJECT in 熊本
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kumamoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kumamoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 熊本</a></iframe><script src="https://kumamoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP