番組情報

KAB”くまパワJ”3/26(木)18:15~”水俣の美しい海の魅力”オンエア決定です。

ヒメタツハート

KAB”くまパワJ”3/26(木)18:15~”水俣の美しい海の魅力”オンエア決定です。

水中写真家”尾﨑たまき”女史のヒメタツ(タツノオトシゴの一種)の撮影に同行した。

1950年代チッソが垂れ流したメチル水銀による汚染魚を封鎖する為に、1974年水俣湾に”仕切り網”が設置された。

網内の生物捕獲→安全宣言→仕切り網撤去が1997年。

1995年から水俣湾に潜り、仕切り網の内側の撮影をしたのが、彼女だ。
1977~1990年ヘドロが酷かったエリアが埋め立てられた。(現在の”エコパーク水俣”エリア)

埋め立ての後もヒメタツは、生息していたそうだ。

島根や伊豆、天草と比べてもタツノオトシゴ生息数が多いのが水俣の海。

熊本市出身東京在住の尾崎女史は、毎年「水俣の海」を撮り続けている。

 

水俣ダイビングサービス”SEAHORSE”の森下誠さんは、ほぼ毎日”ヒメタツ”を観察している。

今年は、”湯の児海岸”で91匹を確認している。他の生息エリア”湯の児島””水俣湾”を含めると約300匹が、「水俣の海」に生息しているそうだ。

過去に「死の海」と呼ばれたこの海の、再生のシンボルが「ヒメタツ」なんだと思う。

ヒメタツは雄が子どもを産む(厳密に言うと”育児のう”で赤ちゃんを育て腹から出す)。雌の卵を雄がお腹で受け取る時、2匹の形がハート型になるため大人気なのだ。[写真]

(ちなみに、ヒメタツは全員雌で産まれ、一部が雄に変わる「フシギなさかな」だ。)

是非ご覧頂きたい。

 

尾崎たまき 最新出版物:写真絵本「フシギなさかな ヒメタツのひみつ」(新日本出版社刊)

ほか、写真絵本「みな また、よみがえる」、写真集「水俣物語」等既刊

  • 「KAB”くまパワJ”3/26(木)18:15~”水俣の美しい海の魅力”オンエア決定です。」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kumamoto.uminohi.jp/widget/article/?p=1538" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kumamoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 熊本</a></iframe><script src="https://kumamoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. うたせ船3
  2. IMG_5935
  3. IMG_7954-1
  4. IMG_3676-1
  5. 7作業床下OK (1)
  6. 熊本県-A19-s01-1

Pickup

  1. うたせ船3
    「うたせ船による海底清掃」KAB11/3(火)21:51…

    うたせ船漁は、大小9枚の帆を張り、潮流に任せて網を引く明治から続く伝統漁法。打瀬船とは、その漁を行う…

  2. ウミノマスク完成
    ウミノマスク完成!

    海と日本プロジェクトinくまもと マスク完成!海と日本プロジェクトが全国展開するstay home企…

  3. main
    『水族館オンライン』で海に行けない子どもたちの「好奇心」…

    海と日本プロジェクトでは、自宅にいながら全国8カ所の水族館がのぞけちゃう「水族館オンライン」を配信中…

  4. minnano
    「泳げ!みんなのお魚プロジェクト」イラスト大募集中!

    新型コロナウイルスの影響でなかなか外出できないけど・・・海に遊びに行きたい!!海と日本プロジェクトi…

  5. アマビエ
    「アマビエ」について

    「アマビエ」について江戸時代、下記のような記事が書かれた、瓦版が出回った。弘化3年4月中…

海と日本PROJECT in 熊本
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kumamoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kumamoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 熊本</a></iframe><script src="https://kumamoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP