お知らせ

マリンチャレンジ 最優秀賞に済々黌チーム!

seisei

「マリンチャレンジプログラム2021 全国大会 〜海と日本PROJECT〜」は、2022年3月13日(日)東京・秋葉原で開催されました。全40チームの中から選抜された15チームが研究成果を発表し、審査によって最優秀賞および各賞が決定しました。最優秀賞に輝いたのは、満永 爽太さん・古賀郁海さんらの熊本県立済々黌高等学校チームでした。おめでとうございます!また、同じく全国大会に参加した熊本県立芦北高等学校チームは、ヘドロを用いたアマモ実生苗確立の基礎的研究を発表し、リバネス賞を受賞しました。

【研究テーマ】放射相称であるウニ類の体の方向性とその要因
【代表研究者】満永 爽太さん 
【受賞理由】観察力が鍵になっている研究で、研究手法から考案し、結論まで導くことができた優れた研究であった。また、研究のスタート時は関心が薄かったかもしれないが、取り組むなかでウニ類への理解を深め、気がつけば誰もが研究代表者のウニ愛を感じるまでに関心が広がっているのがわかる発表だった。まさにマリンチャレンジプログラムが目指す姿を体現していた。

 
 
 

各賞のテーマなど詳細はこちら

マリンチャレンジプログラムのWebサイトはこちら

  • 「マリンチャレンジ 最優秀賞に済々黌チーム!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kumamoto.uminohi.jp/widget/article/?p=2004" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kumamoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 熊本</a></iframe><script src="https://kumamoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 220510 poster-fin-_編集_行政後援なし
  2. umipuro0420
  3. asikita
  4. ロング
  5. キッズ
  6. プラマOK

Pickup

  1. 作業風景
    5/31(火)21:51~アサリ復活への取り組み KAB…

    緑川河口の干潟では川口漁協と熊本県立大学・海洋生態学研究室らが共同でアサリ再生に向けた環境調査をして…

  2. 220510 poster-fin-_編集_行政後援なし
    クリアカヌーとヒメタツライブ中継 参加者募集中

    【概要】海中ライブ、アクティビティ体験、ミニキッチンカーフェスティバル他【日程】2022年6月5日(…

  3. フォトセッション
    5/24(火)21:51~東京大学・日本財団 海洋プラス…

    日本財団と東京大学の共同プロジェクトである海洋プラスチックごみ対策について記者発表会が開催された。研…

  4. IMG-1196
    5/17(火)21:51~子ども達が「海ごみゼロ」を世界…

    先月アジア・太平洋水サミットが熊本市で開かれた。この国際会議は、アジア太平洋地域における、水不足や水…

  5. 料理前のアサリ
    5/10(火)21:51~熊本産アサリ復活へ 旬なアサリ…

    アサリの産地偽装を防ぐために休止されていた漁が再開され、店頭では旬なアサリの販売がスタート。産地証明…

イベント

  1. gomip
  2. 水
海と日本PROJECT in 熊本
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kumamoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kumamoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 熊本</a></iframe><script src="https://kumamoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP