お知らせ

カブちゃんの熊日ニュース~其の4「豊かな有明海に!沿岸の漁業者らが海底耕うん調査」

熊舟

熊本日日新聞 7/21朝刊「豊かな有明海に 沿岸の漁業者らが海底耕うん調査」

 有明海沿岸の県内の漁業者が20日、熊本市西区松尾の沖合約2キロで海底耕うんに取り組んだ。ヘドロがたまっているとされる海底の環境改善に向け、より効果的な耕うんの手法を調べている。

 国が県に委託して2009年から実施。15年から松尾と南区川口、荒尾市、玉名市の沖合で毎夏、県漁連が調査している。県水産振興課によると、海底の有害物質量や酸素濃度に改善の傾向がみられるという。併せて耕うんに効果的な器具の検証もしている。熊本市と宇土市の8漁協から、熊手やローラーのような耕うん器具を取り付けた漁船計24隻が出港。2キロ四方の海域を、耕うんしない区画、改良型器具で耕うんする区画など四つに分け、作業に取り組んだ。松尾沖では22日まで続け、その後、海底環境の変化を観察する。同日は別の6漁協が荒尾市沖でも実施した。

 川口漁協の藤森隆美組合長(66)は「耕うんを続けた場所では、近年少なくなったアカガイやクルマエビの稚魚などが戻ってきた。有明海再生のため、引き続き調査を進めてほしい」と話した。

関連リンク

  1. nagi
  2. umiinta
  3. 5a3c99e5af43b1bedf77fffc84700189_s
  4. IMG_2254
  5. 6d6439b5aad9bb1b075b5d576f2eb65c_s
  6. b-mp4-image-1

Pickup

  1. web5
    「給スイカステーション」芦北町で実施しました!

    8月4日(土)芦北町の御立岬海水浴場で「給スイカステーション」を実施しました!この日は絶好の海水浴日…

  2. web1
    「給スイカステーション」水俣市で実施しました!

    8月4日(土)水俣市の湯の児海水浴場で「給スイカステーション」を実施しました!この日は絶好の海水浴日…

  3. nakamura
    中村征夫写真展「海への旅」熊本県立美術館分館で開催!

    「海の報道写真家」として知られる、中村征夫さんの写真展が開催されます!地球上の7割を占める海。その海…

  4. nagi
    YouTube動画☆公開最新情報(2018年7月10日)…

    海と日本プロジェクトinくまもと、2018年の新しい動画が公開されています!😍どの動画にも、熊本…

  5. kumamotokofesuta_waifu2x_photo_noise1_scale_tta_1
    海の日は熊本港で楽しもう!「熊本港フェスティバル2018…

    もうすぐ海の日!熊本港で、たくさんの船が勢ぞろいするイベントが開催されます!! 楽しい企画盛りだくさ…

PAGE TOP