menu

KAB元気フェスタに11万5千人が来場

熊本地震から半年となりました10月15日(土)、16日(日)に開催されました「KAB元気フェスタ2016」は、熊本駅前と熊本城二の丸広場の2会場4ゾーンで、延べ11万5千人が来場しました。

海と日本プロジェクトinくまもと実行委員会では、熊本駅前で「海あかりコンサート」を開催、くまもと森都心プラザ交流広場では天草海あかりワークショップ「三角とうろう作り」を実施、白川石塘では「海と日本プロジェクト」ブースを展開しました。「小・中学生書道・交通安全ポスター作品展示会」の会場でも「天草海あかり」が飾られました。

三角とうろう作りが子ども達に大人気

  1. 天草海あかりワークショップ「三角とうろう作り」
  2. 書道・ポスターコンクール会場に展示された天草海あかり
  3. 熊本駅近くの白川石塘で初めてイベントを開催

天草海あかりワークショップ「三角とうろう作り」は、子ども達に大人気で、海の生き物の絵を思い思いに描いていました。

三角とうろうは、10月29日(土)に上天草市で開催される「天草海あかり」で展示されます。

イベント名KAB元気フェスタ2016
参加人数延べ11万5千人
日程2016年10月15日(土)、16日(日)
場所熊本駅前、熊本城二の丸広場
主催熊本駅周辺にぎわいづくり推進協議会、熊本市、熊本朝日放送
PAGE TOP